今日は紀伊長島へ釣りに行ったのですが、厳しくなんとかオニオコゼ1匹

とはいえ、グッドサイズ

半身を焼き霜に、半身を薄味の塩焼きに、あらはもちろんあら炊き、肝は肝醤油として

そして

わかりますでしょうか?

胃袋です。

湯引きにしてポン酢でいただきました。

食べなかったのは一部の臓器とエラのみ。

命をいただくということ。

鮮度よく持ち帰った魚はここまで食べられるのです。

ご馳走様でした。