魚の処理方法について推奨の方法を少し更新しましたのでお知らせです。

私どもの推奨が100%正しいわけではありませんが、ご参考にしていただけますと幸いです。

1.釣り上げた魚は生簀があれば可能な限り生簀で泳がせて、沖上がりのタイミングで絞めてください。

生簀がない場合や生簀に不向きな魚はこの限りではありません。

2.血抜き、神経絞めを施します。

血はしっかりと抜いてください。

3.海水氷に処理した魚を入れます。

サイズにもよりますが最低15分、平均30分ほど冷やして魚を充分に冷やしてください。

血抜きした魚の上昇した体温を冷やすことで美味しく保ちます。

4.水気を拭き取り、適量の氷で保冷します。

※梱包方法については別途記載します。

一般的といえば一般的な方法ですが、しっかりと血を抜くこと、充分に冷やすこと、この2点をどれだけしっかり行えるかが重要です。

釣りで人生を豊かにする
LifeFishingJAPAN
遊漁船船長様へ
お客様にリピートしていただけるツールとして買取サービスの導入をご紹介しております。
ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。
釣り人の皆様へ
個人様からの買取の場合、事前にお電話にてお問い合わせください。
締め方や発送方法などご案内させていただきます。
漁師の皆様へ
新たな流通販路の一手としてお手伝いいたします。
また素晴らしい状態の魚であればブランド化のお手伝いをいたします。
ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。
飲食店の皆様へ
つり鮮では一手間かけ自信を持ってオススメできる鮮魚のみをご案内いたします。
他店との差別化となる看板メニューになるような鮮魚をぜひお試しください。
新規のお取引は @sakanayasan2  つり鮮西田までご連絡ください。

#釣り #船釣り #オフショア #ジギング #キャスティング #泳がせ釣り #ノマセ釣り #遊漁船 #血抜き #神経締め #魚買取 #鮮魚仕入 #魚を売りたい #釣った魚を売る #魚売る #鮮魚卸 #つり鮮 #lifefishingjapan